読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の精液を飲んでレビューするブログ

ブログ名をお読みください

精液を受け止めるもの4選

チャージ感が浅いので雑記です。

 

 

 

名は体を表す、と言いますが精液もその例外に漏れません。

そうです。精液は液体なのです。残り半分は多分精霊か何かだと思います。

 

何が言いたいかといいますと

『一度何かで受け止めてからでないと精液は飲めない』ということです。

 

なので今回は受け止める何かを4つほど、メリットデメリットを添えて紹介したいと思います。

※ちんぐりがえし、直接狙撃が可能な方はそちらで良いと思います。

 

では

あ、画像で長くなるので続きを読むくんを導入します

 

 

 

 

 

 

【手】

f:id:s112312:20160317234612j:plain

 

メリット:お手軽。どんな時でも可能。精液が冷えない。

デメリット:低容量。指の隙間から漏れる。

 

 

【ペットボトル】

f:id:s112312:20160317234617j:plain

※小さいペットボトルのほうがベターです

 

メリット:「飲む」気分に浸りやすい。こぼれにくさは断トツ。

デメリット:過大容量。内壁に残留する。

 

 

【よくわからない容器】

f:id:s112312:20160317234622j:plain

メリット:適切なサイズ。一手間加える(ポン酢など)際に便利。洗いやすい。

デメリット:精液が一瞬で冷える(高熱伝導)。時折反射。

 

 

【オナホ】

f:id:s112312:20160317234624j:plain

メリット:最高の精液保温性。吸える。

デメリット:ローションが絶対に混ざる。

f:id:s112312:20160317234629j:plain

この子、内側がクローバーでほんと凄いんですよ

 

【総評】

安定性でいえば圧倒的に【よくわからない容器】。反射と冷却という弱点はあるものの飲みやすさと舐めとりやすさが他の追随を許さない。スペルマ・クッキングに移行しやすい点も評価したい。

他の3つのメリット・デメリットは前述したとおり。【手】は二発目、少量精液。【ペットボトル】は割ってシェイク。【オナホ】は直飲み(吸い)。それぞれに輝ける環境があるので適材適所を忘れずに行きましょう。

 

 

 

 

zaamennomuzoライフの足がかりになれば幸いです。